Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   1 trackback

off ...

授業でちょうど触れたばかりの表現be [wide] off the mark(的に矢が当たらないイメージがぴったり)が、少し形を変えて耳に入ってきた。

その表現はoff labelというもの。

ラジオの米軍放送(AFN)で、薬の本来の効能からはずれて販売されていることで、製薬会社が罰金を払わされることになったという趣旨のニュース。例えば、本来はその成分からすると「精神安定剤」なのに、ダイエットやADHD(注意欠陥障害)等々、効能として、かなり拡大解釈されて製造・販売されているという話。

ネットで調べたところ、”off-label use”という表現がヒットし、次のような説明が書かれていた。

Some drugs are used more frequently off label than for their original.

日本では当局の規制が厳しいので、このようなことは、結果として会社からするとpayしない行為なので、起こりそうにないが…。しかし、安全ではないと薄々分かっていながら、販売を認めて来たという薬害エイズのことを思い起こすと、御上の言うことさえ聞いていれば、安全という時代ではないことは、もう誰もが分かっている。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://itthat2000.blog.fc2.com/tb.php/408-d190b6de
まとめtyaiました【off ...】
授業でちょうど触れたばかりの表現be [wide] off the mark(的に矢が当たらないイメージがぴったり)が、少し形を変えて耳に入ってきた。その表現はoff labelというもの。ラジオの米軍放送(AF...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。