Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   1 trackback

この本で勉強セインかい!

デイビッド・セイン、森田修共著の「英文法、ネイティブがもっと教えます」が店頭に平積みされていたので、購入してみた。デイビッド・セイン氏の本は、内容的に良いものが多いとの印象を持っている。

実際書かれていることは、英語教師にとって特段に新しいことはほとんど無かったが、説明が一般の英語学習者向けであるため、読みやすく理解しやすい。例えば、thisやthatなどの違いについて、ジーニアスでは「言語内照応的」「言語外照応的」などと、やや専門的で、英語教師はこの区別ができても、学習者には難しいように思う。彼(ら)の著書では「陣地が違う」などと説明をしており、高校生にも分かりやすい記述となっている。おススメの一冊。

ところで、セイン氏の英語のスペリングがThayneであることを初めて知った。[s]の音と、ここでは表せないが[thの無声音]がどれくらい違うかということが、妙に良く分かる気がした。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。