Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   1 comments   1 trackback

車内広告

昨日、用事があってお茶の水へ向かう電車に乗っていると、

英会話から英話へ

の広告が目に入る。英会話スクールのキャッチフレーズ。英会話スクールに通ったけどダメだったという人に、「大事なのは、英対話なんだよ」ということか。本当によく考えるものだ。北島康介選手(水泳)北京五輪での名セリフ「何も言えねー」がぴったり(意味するところは違うが)。

次は、英語指導を売りにしているある予備校(?)の不思議な広告。以前から、歴史上の人物(例えば、○×太子)が登場していて、英語とどういう関係があるのか不思議に思っていたが、今回よく見ると

マサイ族

が出ているのに、謎が一層深まった。ラクダに跨っている人もいる。どこかの王様だろうか?

たまに電車に乗ると、目にする広告に、新鮮な驚きを憶える。「少子化」は教育産業にとって逆風だが、英語教育に限ってみると、チャンスがたくさんあることが分かる。皮肉な話だが、“なかなか英語が上達しない”限り、我々の仕事はまだ安泰。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://itthat2000.blog.fc2.com/tb.php/362-aae3c1f3
まとめtyaiました【車内広告】
昨日、用事があってお茶の水へ向かう電車に乗っていると、英会話から英対話への広告が目に入る。英会話スクールのキャッチフレーズ。英会話スクールに通ったけどダメだったという人...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。