Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   1 trackback

受けた後が大事な模試

昨日の新聞では、「大学ナビ」という欄に、めずらしく駿台予備学校による「合格クリック」というコラムが出ていて、模試活用法について、広報部の人が書いた記事を目にした。

言うまでもなく、模試の受けっぱなしは、学力向上に寄与しないだけでなく、受験料の無駄、受験時間の無駄、労力の無駄と、良いことはない。「結果をノートに貼ったり…」などと書かれていたが、正にひと手間掛けて、丁寧に復習をして欲しい。「模試は復習こそ命」 合否判定で一喜一憂しても仕方ない。

私の勤める学校では、希望者が「駿台全国模試」を、学校を通して申し込むことができる。“ハイレベル模試”であることを周知させているが、意外にも(あるいは、深く考えず)申し込んでくる生徒がいて、頼もしく思う(?!)。くれぐれも、心が折れることなく(全国模試は難しくできている)、今のモチベーションを受験まで持ち続けて欲しい。受験後、質問があれば一緒に考えてみよう(但し、英語に限るが)。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。