Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   1 trackback

idiot boxで、ふと思うこと

最近、テレビ(別名idiot box)がつまらない[今に始まったことでない]。そんな中、NHKの受信料収入が史上最高の6700億円を超えたという。新聞では、先週一週間の視聴率ランキングの中で、上位20位のうち、10以上がニュース関連(これには、民放も含まれる)で占められる。手軽な娯楽とはいえ、もともと大した番組を放送していないから、ニュースがこれほどまでに上位に来てしまうのか。

ところで、アメリカでは日本のような、受信料制度は無い。それどころか、国(法)によって、好むと好まざるとに関わらず受信料を徴収することなど、彼らの感覚ではあり得ない話。健康保険制度ですら、異論が続出する国なので、驚きではないが。

近頃は、BSやCS放送で、見たい番組だけを、お金を投じて楽しむことができる。放送法によると、テレビ(受像機)を置いた時点でNHKの受信料を払う義務があるという。「NHKは見ていません」は通用しない。それなら、受信料などと言わず、「テレビ受像機税」と言った方が正確な気もする(なお、我が家では、きちんとNHKの受信料を払っている)。NHKのBSがつまらなくても、BSが映るテレビであれば、これまた衛星放送の受信料を支払わなければならない。確か、判例でも支払義務があるとの判断だった。ますます「テレビ受像機税」と呼ぶに相応しい気がする。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。