Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   1 trackback

手間取る度合いで言うと

「添削」となると、話は別だが、「採点」(○×を付ける)だけに限って言えば、手間取る度合いで言うと「英文和訳 > 英作文」である。

それというのも、英文和訳の場合、解釈が間違っていても、とりあえず見た目は“文法的に正しい”日本語なので、すべてを読まざるを得ないのに対し、英作文はおよそ英文の体をなしていない、もしくは、間違えのパターンがあって、案外、白黒が付けやすいからである。英作文は答がいろいろ出てくるようでいて、試験、とりわけ模擬試験の場合、出題者が問いたいと思うポイントがキチッと決まっていることが多く、意外と「採点」はし易い(これが「添削」となると、話は別)。

英作文の例文集などで、お手本となる英語をどれだけ押さえてあるかによって、“完璧でなくとも、ちょっとの減点で済む”か、それとも“ほとんど点数が無いか”といった大きな結果の違いに繋がる。昔から「英借文」といわれるように、即座にかける英文のみが、点がもらえる英作文の解答と思ってだいたい間違いない。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。