Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   0 trackback

グロッギー

器用な(?!)サラリーマンが、電車のつり革につかまって寝るのを見たことがあるが、昨日、自分は混雑もしていない電車のドア付近で、ひとり立っている間に寝てしまい、駅に近づいて減速したところで、危うく倒れるところだった。

用事が済み、遅れて飲み会に参加。大して飲んだつもりもないが、今朝、起きてみるとグロッキー状態だった…。「二日酔いの英語」はhangover。ボクシングで聞く「グロッキー[状態]」は、英語でgroggy(グロー)と綴る。語源辞典によると

1770, "drunk," from grog + -y (2). Non-alcoholic meaning "shaky, tottering" is from 1832, originally from the fight ring.

なぜ上の定義にあるgrogはラム酒の一種らしいが、grog自体にも諸説あるらしい。

昼近くになって、少し調子を取り戻してきた。昨日、今日と天気が良く、久しぶりにボッーと一日を過ごそう思う(しかし、カバンの中には仕事が詰まっている。家に持ち帰らない方がいいのは知っているが)。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://itthat2000.blog.fc2.com/tb.php/342-4675d693
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。