Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   0 trackback

他動詞? 自動詞?

中学で学ぶ英語と高校で学ぶ英語の違いの1つは、動詞に対する意識の差である。英語は語順にうるさい言語である。類別すると英語はSVO言語、日本語はSOV言語になる。学校で学ぶ基本文法に英文を類型化した5文型があるが、第何文型かを決定するのは動詞である。他動詞・自動詞の区別は、大学受験を経験した者なら必ず習う学習項目であるが、この区別は必ずしも日本語と一致ところが厄介である。代表例として「〜に着く」は、他動詞でreach、自動詞でget toやarrive at。「〜を議論する」は、他動詞でdiscuss、自動詞でtalk aboutがある。

最近のニュースにあった英語で、大学入試では問題にならないことが少ない語に、evacuateが見かけた。これは「〜を避難させる、〜退避させる」の意味である。したがって

「彼らは戦闘地帯から疎開してきた」を英語で表すと、

They were evacuated from the war zone.

となる。

They evacuated from the war zone.

としてはいけないのだが、あまり使うことがない動詞の場合、意思的に押さえていかないと、いつまで経っても間違った英語を使うことになる。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://itthat2000.blog.fc2.com/tb.php/32-0091aa19
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。