Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   0 trackback

プロ、アマ、甘(=私)

電車を待つ間に本屋で手にした「今すぐ書け、の文章法」(堀井憲一郎 著・ちくま書房)の書き出しが面白く、立ち読みで終わらず、直ぐに購入。

プロ と アマチュアの決定的な差

文章を書くからには、きちんとした文章を書きたい。

きちんとした文章を書こうという意思。ここで、プロとアマの差が出てくるという。

もちろん、「ちゃんとした文章を書こう」とする人が素人で、そんなこと気にしていないのがプロ、なんですけど。
(※ 下線、および太字は私によるもの)

筆者によれば、プロにとって文章は道具でしかなく、アマチュアにとっては「個性が現れる表現方法」なのだとか。

雑誌のライター本業の堀井氏。違う考えを持つ物書きもいるに違いないが、「つかみ」が上手く、説得力があるように思えたので紹介してみた。

ついでに、ちゃんとした文章を書こうという気も無ければ(そもそも書ける訳ない)、そんなことを気にもしていないのが
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://itthat2000.blog.fc2.com/tb.php/307-43112c02
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。