Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   0 trackback

早大…やってしまった!

早大、欠席者に合格通知=座り間違えに気付かず

今朝、Yahooに出ていたニュースから。こういう話を聞くと、真面目に受験している学生は怒りを感じるかも知れないが、自分には全く無関係な話で、つい冷めた(?!)見方をしてしまう。

席を誤って座った学生 ⇒ それは君の誤り(指摘しなかった試験官が悪いなどと開き直ってはいけない)。

受験を欠席した学生 ⇒ さぞ驚いたことでしょう。でもこんなことはもう一生のうちで二度とないこと。

大学側 ⇒ 謝罪は仕方ない。何といっても、高額な受験料をとっているのだから。

因みに、TOEFLやGREの試験では、

① 身分証明書としてパスポートを持ってくることになっている(それ以外も可能だが、公的資格を2つ組み合わせるなど面倒)、
② 試験会場に入る前に、本人確認(写真撮影!)がある、
③ 〔会場によって〕監視カメラで録画されている、
④ 試験会場に入る前に、ポケットの中に何も入っていないこと(ポケットを裏返しにすること)まで確認される。試験に関係ない私物は持ち込めない、

が常識となっている。

これでは、なかなかミスは起こりそうにないし、不正行為も働くのは難しいだろう。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://itthat2000.blog.fc2.com/tb.php/295-b3ee7cb4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。