Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   0 trackback

goutって何だか知ってますか?

前日取り上げた話題に出てきたからという訳ではないが、病名を英語で何と言うかについて1つだけ取り上げてみる。

gout痛風

発音に注意して欲しい。スペリングのouは /au/ と発音される。尿酸値が高いことが原因となって関節炎になるこの病気は、俗説かも知れないが、日本語ではその名の通り「風が当たっただけでも痛む」ことから、そう呼ばれるらしい。英語の方はどうかというと、語源的には次の通り。

L. gutta "a drop"

すなわち、ラテン語由来で、drop(したたり)の意味と関連ある。さらに、The disease was thought to be caused by drops of viscous humors(粘り気のある体液)seeping(染み込む)from the blood into the joints(関節), which turned out to be close to the modern scientific view.との説明が、語源辞典の載っていた。実際の英文として、

<例> I had an attack of the gout.(痛風が発症した)

のように使う。医歯薬系を目指す生徒は、専門用語だからといって避けず、覚えておくことが望ましい。また、これら難しい響きのある病名も「大体通じれば良い」というのでは済まないものだから、英会話でも要注意である。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://itthat2000.blog.fc2.com/tb.php/26-2a69fef0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。