Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   0 trackback

センター試験(筆記) 斜に構えた講評

昨日、今日とセンター試験。英語(筆記)の問題にすべて目を通したので、感想めいたものを書いてみたい。一般紙(新聞)に載る問題の傾向分析は、スペースの関係等で、無難なコメントしか出ないし、予備校独自の分析も過年度との比較や難易度についてがメイン。要するにfact(それも一部)。そこで、opinionに比重をおいて、斜に構えた講評をしたい。

第1問
A
母音2題、子音2題。これまで何度授業でやったことかと思うような単語ばかり。昨年のように、アクセントの無い箇所の母音を問う出題がなかったので文句なし。
B
問3の選択肢?automobileは二通りのアクセントの位置が考えられるので(第1音節or第4音節)、結果的に正解を左右しないとは言え、不適切ではないか。

第2問
A
去年よりも簡単。間違える余地なし。
B
問2では、正解の肢(?)のwander aroundや、問3では、空所直前のmake itが分からないと正解を選びにくいが、「消去法」を用いる程の間際らしい選択肢は無かった。
C
整序作文では、これ以上易しいものはないのではと思わせるほど“受験生フレンドリー”な出題。

第3問
Aここは基本的に知らなくても受験生として許される語や定型表現を、前後の文脈で類推する問題だが、問1のobstinateは大学受験レベルの単語なので「英語?、?」(高1、2年の教科書)では見かけなくとも、多くの受験生にとって簡単だったはず。
B
司会役の人間がいなくなったが、出題パターンは例年通りで、内容としても極めて明解。この手の議論は、長文読解でも経験している受験生が多いだろう。
C受験生の間では、読解問題の中でも最も敬遠されている(「時間vs.配点」の点で割が良くない)問題だが、模試や問題集で練習してきた受験生にとっては、簡単に感じられたのではないか。

第4問
A
pine woodやgrainという語が受験生には馴染みが無いかも知れないが、英文を理解する上では全く支障がない。図が2つ出ていたが、細かい数字の読み取りがあるわけもでもなく、英文と平行して見て行くことが可能。
B
そろそろ英語の「求人広告」がでるのではと“占っていた”が、結果は、ありきたりのチラシ(料金表)の読み取りで、日頃から対策で難なく解答が可能。

第5問
分量が多く英語が苦手という生徒は焦ったかも知れないが、内容的には、これまたありきたりというか、幼稚というか…。気になったのは、「3か月の留学」とあるのに、Kojiのスピーチの中で、レポートを書くために利用したコンピュータルームがmidtermやfinal papersを書く学生で混んでいたという点。まるでone semesterいたかのような話ぶり

第6問
A
procrastinationという語は、たとえ知らなくとも、読んで行く中で意味が次第に分かってくる語である。基本的にパラグラフ単位に問いが並んでおり、極めて解答しやすい。ひとつ引っかかったのは、第5段落の最終文。

This can explain why many people do not start saving money for their old age when they are young.

取ってつけたような印象をもったのは私だけだろうか(これは問4とバッチリ関連している)。Financial Procrastinationという言葉があるが、ここはアイテムライター(この英文を書いた人)が、この最終文について十分に膨らませなかった感がある(語数の制約があるのだろう)。つまり、今回のセンターの英文の趣旨からは、「procrastination=若いうちに貯金をしないこと」の関連性が十分に展開されていない
B
昨年登場した、各段落の「まとめ」(小タイトル)を並べさせる問題から、一昨年までの段落のグルーピングに回帰するのではないかと個人的に“占っていた”。出題形式は若干変わったとは言え、結局は段落ごとの「まとめ」(小タイトル)を空所の51〜54に入れ、「完答」で6点という問題なので、本質的には昨年と変わらないものであった。語数の制約があるとは言え、51〜54を埋める選択肢?〜?の「まとめ」が、あまり上手でないように思う。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://itthat2000.blog.fc2.com/tb.php/243-52c4538f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。