Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   0 trackback

どっち派?

「紙辞書と電子辞書と、どちらが良いか」という質問には、学習者(高校生〜大学の初級)が相手なら、断然「紙辞書」と答える。恐らく、電子辞書派の人は、その使い勝手の良さを大きな理由の1つに挙げるだろう。確かに、キーをたたけば、次第に単語が絞られて行き、仕舞いには、お目当ての単語に辿り着く。しかし、その使い勝手の良さは、そこで終わるような気がする。この数年で、電子辞書は以前のモノクロからカラーに変わり、かつ照度もある程度あるので、見やすくはなったが、依然として、訳語が断片的に載せられていて、元々知っている単語を調べるのならまだしも、初めて出会った単語を調べるのには、いまひとつ馴染まないように思う。「用例」「解説」を付属のペンでタッチして、それらの項目を展開しないと、その先が見えないのは、極めて不便。なるほど、小型軽量であるのは有難い。私の所有するC製のWという製品は、電卓のように小さいが、その中にジーニアス英和大辞典が入っている。サイズ面で携帯便利な上、紙版の大辞典を買うよりも安いのだから、悪い話でない。しかし、これが語学の初学者である学習者だったらどうかというと、甚だ疑問である。

大学生を非験者とした語彙習得に関するある研究では、紙辞書を使った統制群(実験のグループ)の方が、電子辞書を使った統制群よりも、単語を覚える上で結果がやや優れていたと報告されている。人間には五感というものがあるが、これに加えて、語学をやる場合、‘筆覚’というのもあるのではないか。これは、単語を覚えるときに手を使うということだけでなく、物理的にページをめくって辞書を引くという行為自体に、記憶の溝に残るちょっとした、運動作用があるという考えだ。今となっては、記憶力が随分落ちた気がするが、若いころは、辞書のどの辺りに出ていたかということまで覚えていることがあった。紙辞書にない電子辞書のメリットに複数辞書にまたがった検索が挙げられるが、学習者にとって、この機能が第一に来るものではない。私の場合、辞書が「読める」(単に「引く」のではない)ようになってから、英語が少し分かるようになった。これが電子辞書だったら、いつまでたっても英語は文字通り外国語の文字のオンパレードで、読めるようにはならなかった(それ以前として、好きにならなかった)に違いない。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://itthat2000.blog.fc2.com/tb.php/24-5a2e2cf8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。