Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   6 comments   0 trackback

決めた

Nothing is permanent except change.(The only constant is change.など)は、ギリシャの哲学者ヘラクレイトスの言葉らしい。昨年は、東日本大震災という大きな不幸があった一年だった。学校の教師をしていると、ともすると自己流に陥り、矯正されることなく時が流れかねない。常に、自身が変化(進化)することを心がけないと、大変なことになる(大変なことになっていることに気付かなければ幸せかも知れないが)。

He who does not expect will not find out the unexpected. も、Logosに纏わる議論のなかで述べた彼が述べた言葉。これも意味深長である(尤も、これは生徒にも求められること)。「一年の計は元旦にあり」に押し込めようとすると最初の一ヵ月でフェードアウトしてしまいそうだが、「少しでも“教授力”を上げる一年とする」ことを新年の誓いとしたい。
スポンサーサイト

Comment

千葉 says... ""
いつもブログ拝見しています。
ブログの内容に直接関係ない質問で申し訳ないのですが、回答していただけると幸いです。「夢をかなえる〜」というシリーズが、昨今間髪を入れず出版されていますが、このシリーズについて、どう思われますか?学校採用する例も増えていると耳にしますが、先生の学校ではどういった評価でしょうか。教えていただけたら幸いです。
2012.01.02 21:55 | URL | #- [edit]
YA says... "確認させてください"
千葉様
間違って答えてはいけないので確認したいのですが、「アルク」から出ている木村氏執筆の「夢をかなえる〜」のことでしょうか。
YA
2012.01.03 13:41 | URL | #- [edit]
千葉 says... ""
 返答ありがとうございます。その通りです。木村氏の著作についてです。
個人的にはTOEICの学習などには使えるのではないかと思うのですが、高校生が大学受験の学習に用いるのはどうなんだろうかという思いもありまして。
先生のご意見を聞かせてもらえるならば幸いです。
2012.01.03 15:02 | URL | #- [edit]
YA says... ""
了解しました。
途中から変ですが、著者を“K氏”、出版社を“A社”として書かせてください(本来、こちらも実名、職業(所属)を示して論評するのがフェアだと思うのですが、このブログが世間に与える影響など全くないと思われるのと、読者の方も多いとは思わないので、問題ないと思います。どちら(K氏、A社)も社会的に知られた存在ですから)。
結論から言いますと、千葉様が感じられている通りだと思います。もちろん、書店に一定期間並んでいる本ですから、しっかり勉強すれば、得られるものは多いと思いますが、一般論として、大学受験向けには、数研出版やピアソン桐原書店、その他、予備校関係の出版社が出しているものの方が、学生や教師の目に留まる機会がはるかに多いのと(ダメなものはとっくに淘汰されている)、特に売れ筋の書籍だと、改定も繰り返していますから、より大学受験向きと言えると思います。
ズバリ言って、「語学」では定評のあるA社でも、「学参(受験もの)」では全国レベルの認知度ではないですね。英語の教師や語学関係の仕事をしているからA社を知っているものの、これが学校なら、他教科の先生は知らないのが普通です。A社は全国屈指の進学校の教師であるK氏が執筆すれば、信頼度はアップします。逆に、K氏はA社からシリーズ的なものを出すことで一層名前が売れる→儲かる(氏が既に他社からも多く出していることは知っています。実力のある立派な先生であることを否定するつもりは毛頭ありません。ただし、「ユメ〜」のノリで、Z会や研究社が出すかとなると、どうなんでしょう…)。そんな関係があるように思います。
これ以上は、互いにメールのやり取りでないと、差支えがあるかも知れません。この程度でご勘弁頂ければと思います。
YA
P.S.
「先生の学校ではどういった評価でしょうか」
→つい個人的意見のみを書いてしまいました! でも、教員集団としての見解は無いと思います。なぜなら、単語集なら確かに“学校採択”があり得ますが、A社の本は基本的に一斉型(採択)になりにくい品揃えだからです(つまり、データが乏しくて評価が述べられないということです)。
2012.01.03 19:03 | URL | #- [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.01.03 19:12 | | # [edit]
千葉 says... ""
 答えにくい質問に丁寧に返答していただきありがとうございます。
先生のブログはいつも拝見していますので、これからもブログの更新よろしくお願いします。
2012.01.03 19:57 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://itthat2000.blog.fc2.com/tb.php/229-b85291e8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。