Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   0 trackback

合格者の一人に入ればよい

奇しくも浅田真央選手が5年前に全日本GPで1位になった時、ちょうどその時期にも冬期講習をやっていて、ある生徒がこんなことを言っていたを今でも鮮明に覚えている。

入試が近付くにつれて、緊張してきます

この緊張は不安感も含めたことを意味しているとことは分かるが、緊張していても、不安があっても、80分や100分といった時間内で全力を出しきれことができればそれが、その時点での受験生の実力ということになるが、フィギュアスケートでは、大勢の観衆の前で、熟考したり、後戻りしたり、やり直したりができない状況に選手は置かれている。尻もちをつこうが、多少のミスがあろうが、我々がテレビで目にする選手は、全国で最もレベルの高いフィギュアスケーターの何人かに入ることは間違いない

スポーツ選手と受験生の苦労を比べるのは、必ずしもフェアでないかも知れないが、緊張のレベルが違うことは間違いない、というのが言いたいこと。日頃、フィギュアスケートに特別関心を寄せていない私だが、昨日の浅田真央選手の滑りは見事だった。

鉛筆を持つ手が震えても、合格者の一人に入ればよいのだから、受験生には、あまり不安がることなく勉強を続けてもらいたい。よく「努力が自信に変わる」とも言われる。今年はクリスマス返上で頑張って欲しい。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://itthat2000.blog.fc2.com/tb.php/222-748039a9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。