Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   0 trackback

発音できない音は、聞けない

某英会話教材が、盛んにテレビで宣伝されているが、その中で専門家と称する人が「聞けない音は、発音できない」「日本語と英語とでは、音域が異なる」と説明しているのを耳にして「え?」と思った。

まず、「発音できない音は、聞けない」というのが真実ではないだろうか。昔からイージーな英語教材は新聞雑誌で大々的に広告が打たれているが、この手の英語教材の多くが、まともな学習理論や言語習得の理論に基づくものでないことは明らかである。

学校であれほど単語や熟語を暗記し、文法をたたき込まれたはずなのに、実践では思うように聞き取れない、話せないのはなぜ?(宣伝文句)

実践では思う様に聞き取れない、話せないのは、練習量が絶対的に不足しているからであり、さらに言えば、真の意味で英語という外国語が必要でないからである。そもそも、大して暗記もせず、文法だってたたき込まれてなどいないのが現状ではないだろうか。学問、特に「外国語の上達に王道なし」と心得て、安直な誘いに乗らないのが賢明に思う。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://itthat2000.blog.fc2.com/tb.php/184-472874f1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。