Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   0 trackback

tobashi ?!

最新版のOED(Oxford English Dictionary)には、hikikomori「ひきこもり」やotaku「おたく」が載っているそうだが、連日報道されているオリンパスの損失隠しについて、ニューヨークタイムズには、tobashiという言葉で紹介している。

Although Olympus has not detailed the system by which it hid the losses, the local news media have speculated that it used a once common maneuver known as “tobashi.” In tobashi, translated loosely as “to blow away,” a company hides losses on bad assets by selling those assets to other companies, often dummies, only to buy them back later.

バブル期に学生を過ごし、90年代の山一証券の例を見ていると、「飛ばし」という言葉が懐かしくさえ響くが、この時代になっても(2011年!)、そんなことが続いていたとは、とんでもない話だ。

ライブドアの粉飾決算によって、それ以降、新興市場の株式が大きく値を下げたことは記憶に新しい。オリンパスの株を保有してなくとも、株投資家の私としては、粉飾決算は許し難い。今回の件は、皮肉にもイギリス人をこの春に社長として迎い入れたことが発端で判った、いわゆる内部告発。

初めて購入したデジカメがオリンパスだったことから、その後も何となくカメラをオリンパスにしている。製品のクオリティの高さが、一部の経営者の愚行よって落としめるられることはないとしても、情けない話。「コンプライアンス」「ガバナンス」「企業のグローバル化という言葉が虚しく聞こえる
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://itthat2000.blog.fc2.com/tb.php/178-ca08e8c3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。