Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   0 trackback

for / in / during

生徒から前置詞の使い分けについて質問を受けたので、ブログで共有できればと思う。


「春に、春の間に」の前置詞は、for the springだったり、in the springだったり、during the springと、どう使い分けるのですか。


(1) What are your plans for the spring?
 (この春の予定は?)
(2) How would you like to spend in the spring?
 (この春のどんな風に過ごしたいですか)
(3) I would like to visit my uncle living in Nagoya during the spring.
 (この春に名古屋に住んでいるおじを訪ねたいです)

(1)は、planとの“相性が良い”forが普通。(2)のinは「季節」の前に使われるものとして最も一般的。因みに、普通は「春に」という際は、in springで足りるが、話題に上っている特定「春」であったり、後に、「2012年の」を表すof 2012などがあれば、theが付く。(3)は、しばしばinと置き換えが可能だが、duringの方が、継続の意味合い強い(CORE-LEX)。別な言い方をすると、duringは一般的に「(特定の期間)のあるときに(〜する、している)」のニュアンスが強い。

以前にも言及した「もう迷わない前置詞」という英語の書籍が書店で売られている。個人的に、生徒レベルの「迷い」はないものの、定型表現やコロケーションを超えたところでは、基本的な前置詞(in、ofなど)は存外使い方が難しいように思う。私の英語力では「もう迷わない」と言える日は、当分来そうにない。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://itthat2000.blog.fc2.com/tb.php/172-c06d0069
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。