Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   0 trackback

Reminder

9月に行われた「ベネッセ・駿台マーク模試」のViccess!という採点講評によると、第2問 C 語句整序の問3で目立った誤答についてコメントがあった。

A+remind+B(人)+of+C「AはBにCを思い出させる」という構文を的確に使えるかを問う問題だった。(中略) remind of+人と並べかえた答案がしばしば見受けられた。

マーク模試なのになぜこのようなことが分るのかと一瞬不思議に思ったが、正解を問う空所にmy sister(選択肢1)を入れず、of(選択肢2)を入れた答えが記録に出たからだろうと推測できて、一応納得が行った。

もちろん、このremind ofは間違いの典型で、先週の定期考査でも整序作文で出したところ、がっかりするくらい多くの誤った解答を目にした(ということは、9月の模試で間違え、授業をボーっと話を聴いていて、定期考査でまた間違えたという、悪循環vicious cycleに入っているということか)。

ついでに、I expect there to be A.という問題でも、案の定、I expect to beが続出。確かにexpectの後にto不定詞が続くことは多いが、expect O to do-だってある訳で、ここではそのケース。thereをOの位置に持ってきづらかったという言い訳は、授業があったのだから通らない。ここは気をつけて欲しい。

コンピュータは採点ミスをしないという点で、人間の上を行っているが、毎日のように採点をしている者からすると、生徒が間違えるところが分っているので、マークシートの読み取りで誤答の分析と一致することは全く不思議でない。それにしても、自動詞であるかのようにremind ofとする用法は無いのだから、教える側も単にremind A of Bのように示すだけに留まらないようにするが(私はこのような“無味乾燥”な示し方は極力避けるようにしている。特にAやBがひっくり返ってしまうと全く意味がなさないremindのような動詞では、必ず具体例を出して指導するようにしている)、生徒諸君もしっかりと英文の中で使い方を押さえて欲しい。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://itthat2000.blog.fc2.com/tb.php/162-e9b4816f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。