Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   0 trackback

同格節?

(1) Have you had an experience that you were at a loss in a street because you could not find a public telephone?

これは、漢和辞典やG英和で有名な出版社が出している検定教科書「英語?」のLesson 2 冒頭の一文。この教授資料には、experience thatのthatは同格節を導くものと解説があるのだが、experienceが同格節を導くのは一般的なのだろうか

Wordbanks Onlineで検索すると、thatの後にいわゆる「完全文」が来る例としては、we know from past experience that S+V+Xで、同格節と思しきものはほとんど見当たらない。その中で一つ見つけた例が以下の英文。

(2) Communication is probably one of the most difficult tasks of management, despite proven experience that people will accept an enormous amount of “how” if only managers will tell them “why.”

(1)のようなケースでexperienceが来ると、私の感覚では、むしろ関係副詞のwhereを思い浮かべる。その例としては以下の2つの英文が挙げられる。

(3) The incident is akin to the Vietnam experience where United States and Australian governments tried to hide the truth from their respective citizens.

(4) In physical illness some people seem able to re-engage their absolute determination to survive, even when doctors have thought there was no further hope, and there are a number of descriptions of near-death experience where people feel they have made a decision not to die which they were then able to put into effect.

この様に考えると、教科書のexperience thatのthatは関係副詞と解すこともできるかも知れない。

(1)の英文におけるthatは、やはり教授資料にあるように同格節を導くものと解するのが妥当なのか。それとも、関係副詞と考えてもよいのか。お分かりの方がいたら教えて頂けると幸いである。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://itthat2000.blog.fc2.com/tb.php/157-09ade196
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。