Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   0 trackback

憶えられる?

家にあったGRE(アメリカ合衆国やカナダの大学院へ進学するのに必要な共通試験で、Analytical Writing--論文、Verbal Reasoning--英語、Quantitative Reasoning--数学の3つのセクションからなる)のVerbalの本を手にし、「そう言えば、昔は頑張ったな」と思いながらページをめくった。その中には、GRE必修語300(大学受験で言えば「絶対押さえておきたい英単語○○語」に当たる)というページがあって、必修語300とは言え、それなりにかなり手ごたえがある。GREのVerbalと言えば、ネイティブスピーカーにとっての「国語」の試験である。非ネイティブの我々にとって相当難度の高い語が入っている。単語集で憶える限界は受験生を教えていて重々承知しているが、“人体実験”としてこれから一ヶ月でどれくらい憶えられるものが試してみたいと思う。

こちらも語学教師の端くれ。どうやると効果的に憶えられるのか、試行錯誤をしてみようと思う。既に知っている単語もあるし、かつては自分もGRE受験して大学院に行ったのだから、できておかしくないはずだが、なにぶんにもネイティブ想定した語彙試験とだから、苦戦するのは承知だ。「昔取った杵柄で」でやってみようと思う。報告は一ヶ月後にしたい。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://itthat2000.blog.fc2.com/tb.php/154-487cef52
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。