Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   0 trackback

体育の日

一部の祝日が第二、第三月曜日になっていることの違和感は先月ブログで書いたが、今日の産経新聞でも産経抄というコラムでそのことが指摘されている。

「開会式の日を記念して制定された『体育の日』は11年前から『10月の第2月曜日』となった。今年はたまたま10日に戻ったが、これでは東京五輪を思い出せといっても無理というものだ」(中略)歴史や伝統文化の『空洞化』を招くゆゆしき問題という気がする

ハッピーマンデーで3連休という恩恵に預かれる人もいるだろうが、そもそも週休二日が浸透しているのは公務員や銀行など大企業くらいだから、月曜日が休みになったくらいでは嬉しくとも何ともない。

ところで、「体育の日」を英語で説明するとどうなるか。以前勤めていた英語学校が出していたテキストを引用すると以下の通り。

Taiiku-no-hi, or Sports Day, is celebrated on the second Monday of October to promote the mental and physical health of the people through the enjoyment of sports. The day was established in commemoration of the Tokyo Olympics, which were held in 1964.

<表現>
X月の第二月曜日に: on the second Monday of X
Aを記念して: in commemoration of A

中高で6年間英語を勉強したら、祝日を英語で簡単に説明できるくらいになっていて欲しいところ。下線を施したところは「祝日法」に掲げられている部分。この辺りは、まず英語とは別に、知識・常識として押さえておきたい。

=補足(ウィズダム英和辞典)=
Olympic
--名詞[the 〜s;単複両扱い]=Olympic Games

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://itthat2000.blog.fc2.com/tb.php/146-3e965ac3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。