Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   0 trackback

正にグラフの読み取り?!

過日、SDも関わっている(情報が正しければ、SDは問題を作っていないらしいが)マーク模試が行われた。本番のセンターで散見される“ひねり”や“想定外”を選ばせる問題がほとんどなく、真面目に勉強を続けてきた生徒にとっては、ある程度、良い結果が見込める模試だったと思う。

個人的に1つ気になったのが、第4問の図表読解の最初の問題。

3段落目
As shown in the graph, ( 35 ) market had the biggest sales of natural gas vehicles in 2010, ...

graph-1.jpg

問題は Which of the following is the most appropriate for ( 35 )?で、棒グラフから最も売り上げがあった地域を選ぶというもの。5つの地域が積み上げ式のグラフになっており、グラフが2010から2016にかけて右肩上がりになっている(グラフに付いている見出しは、Annual Natural Gas Sales (Including Conversions), World Markets: 2010-2016)。

グラフを見て答えれば良いだけなので、もちろん正解を出すことはできる(正解はAfrica/Middle East)。生徒の多くも正解に至ったと思われるが、グラフの1位と2位の長さが見た目に大きな差が無かったのが気になった。さらに、棒グラフ自体も、「塗り(ベタ)」「斜線」「ドット」「網掛け」etc.となっていて、グラフの模様によって目の錯覚を起こさせないとも言えない。

定規を当てて測ったところ、確かに正解となる1位のグラフは12mm、2位のグラフは9.5mmと2.5mmの差があるのだが、これだけ拮抗したものを選ばせる図表読解はセンター試験で見たことがない。正に「目の検査」のように思えたのだが、実際に問題を解いた生徒はどう感じただろうか。図表読解は、本来このような目の検査的な問題であるはずはないと思うのだが…。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://itthat2000.blog.fc2.com/tb.php/135-822df94e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。