Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   0 trackback

ドナルド・キーン氏

ドナルド・キーン(コロンビア大学名誉教授)氏と言えば、私の年代なら学生時代からの最も有名な外国人学者の一人だ。彼が88歳を迎え、余生を日本で過ごすことを決めたという報道を昨晩聞いた。

最近、授業で読んだ英文に、先の大震災でパニックになり、多くの外国人が日本を去ったという記事を読んだが、それとは真逆に、氏は今回の地震や津波がきっかけで、より強固に日本に住むことを決意したという。現地の日付で一昨日、キーン氏の最終講義がコロンビア大学で行われた。冒頭で以下のように述べたそうだ。

「この授業が最後。残りの人生を日本で過ごす。原発事故が起きる中で、私の決定に驚いた友もいたが、『勇気づけられる』と言ってくれた人もいた。私はその言葉が真実だと願う。長年の間、日本人は驚くほど私に親切だった」
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://itthat2000.blog.fc2.com/tb.php/12-88622d76
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。