Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   0 trackback

besidesが相応しいという、より明解な説明は?

NSという文法・語法の問題集に出ていた問題。

****************************************************************************************************
He has two other children (    ) Alan.
(1) besides  (2) except  (3) without  (4) on

以下は、その解説。

○besidesは肯定文では「…のほかに/…に加えて」の意味で「追加」を表す。exceptは「…を除いて」の意味で「除外」を表す。日本語では、判断がつきにくいので要注意。

○本問では、Alanも「彼の子ども」であるはずだから、「追加」のbesidesが入る。
****************************************************************************************************

正解は(1)のbesides。

生徒はexceptがなぜ間違いであるか訊いてくる。私なら、otherが効いているからで、これによって、「アランの『他に』」の意味なるためにbesidesを用いると答える。otherがなければ、むしろexceptが自然である。

解説の1つ目で、「日本語では判断がつきにくい」と言われても、説明になっていない。また、解説の2つ目はotherの存在をほのめかすものであるが、これも説明としては、分かりにくいように思う。

この問題で、exceptは不可(withoutやonは言うまでもなく“予選”落ち)で、なぜbesidesを用いるのか、私の説明とは違う、より明解で生徒が理解しやすい解説があったら、教えて頂けると幸いである。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://itthat2000.blog.fc2.com/tb.php/117-2248dfab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。