Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

注文していた本が届いた

The Storied Life of A. J. Fikry (Gabrielle Zevin著)という小説が2014年のベストセラーの1つに上がっていたのでアマゾンで注文したところ、2~3週間待つかと思いきや、今日郵送されてきた。

アマゾンの電子タブレットKindleで買えば、欲しいと思ったときに即、しかも半額程度で手に入るのだが、スクリーンと睨めっこで本一冊を読む気になれず、ペーパーバックにした。

これから読むので紹介はできないが、紀伊国屋のネットには以下のような記述があった。

基本説明
妻を失くして一人で書店を切り盛りするA.J. Fikry. 根は善人なのに、頑固で愛想も悪いせいか店の売上は下降気味。 大切な本を盗まれて落ち込む彼の元に思わぬある日「プレゼント」が届く。 果たしてA.J.の人生は変わるのか? 魅力的な出版社営業ウーマン、ミステリ好きの警官、マイペースな義姉など脇役も充実した小説です。(2014.12.18)


因みに、台湾でも売られているらしく、こちらは翻訳本があるらしい。タイトルは「A. J. 的書店人生」。分かるような分からないような…。

暇を見つけて一週間くらいで読んでしまいたい。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。