Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

チョー腰の低い店員さん

先日、返却期限を2時間ほど過ぎてレンタルした映画を返しに行ったところ、「申し訳ありませんが」と言われて、延滞料金を求められた。こちらは、期限を過ぎていることは重々承知しており、謝られる理由はないので、腰の低い店員の態度に少々恐縮した

その上、前から知っていたが、「正午までに返却すれば、延滞料金はかかりません」と案内までしてもらった(レンタル時に発行される返却日は前日となっているのだが、翌日の午前中までに返却すればOKという仕組みになっている)。

こういうことに遭遇する度に、日本の接客態度に感心する。仮にVIPサービスが提供されるレンタル店で、映画1本が2,000円というならばそのようなサービスがあるのも頷けるが、たかだか数百円のレンタル品に対してこの親切さ。延滞料を払った後に、再度、店員の「申し訳ありません…」があった。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。