Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

マシな人を選ぶ

普通選挙が行われていない国が世界には数多くあることに鑑みると、日本国籍があり、住所が定まっていれば、20歳で選挙権がある日本は素晴しい。

、選挙権はあり、そして、その権利を行使する意欲は満々だが、小選挙区制(single-seat constituency system)の場合、候補者に選択の余地が少ないということが多々ある。

私が住むところでは、3つの政党がそれぞれ公認した候補者の誰かを選ぶことになる。首相が総裁を勤めるJ党と、1度は政権を任されたが多くの人をがっかりさせたM党、野党であることが目標なのかと思わせるようなK党の3つである。

棄権をするつもりは毛頭ないので、当然選挙には行くが、特に支持する候補者がない場合、マシと思える人にいれることになる。「マシな人(物)を選ぶ」は英語で、choose lesser evil と言う。

「誰を選んでも変わらないから」と言って選挙に行かない人もいるが、そういう人は、せっかくの機会なのだから、「(投票したい候補)なし」と書いて投票用紙に書いてささやかな抵抗をしてはどうだろうか
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。