Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

芸術鑑賞教室

私の勤める学校では、芸術鑑賞教室と称して、例年この時期に様々なジャンルのもの(民族音楽、演劇、etc.)に触れる機会を生徒が持つ。今年は「落語」。例年になく期待が高まった。

演芸場で高座に上がるのと勝手がやり辛いのではという素人の私の心配とは裏腹に、生徒からは大きな拍手の連続だった。

(開口一番)  柳家小太郎
(落語)     三遊亭 兼好
(太神楽曲芸) 鏡味 仙四郎
(落語)     柳家 喜多八

因みに、落語の英語による簡単な説明は以下のとおり。

Rakugo is a Japanese verbal entertainment. The lone storyteller sits on stage, called Kōza. Using only a paper fan and a small cloth as props, and without standing up from the seiza sitting position, the rakugo artist depicts a long and complicated comical story.(ウィキペディアより)

verbal:口頭での
lone:ひとりきりの
prop:支え、頼りとなる物
depict:~を描写する
complicated:複雑な
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。