Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   1 comments   0 trackback

夏休み突入

講習が昨日で終わり、ほっとした。生徒にとっては、まだまだこれからが勝負どころだが、私自身、教材を作ったり、英語を勉強するのが楽しいのはその通りだが、やはり授業があると、いろいろと発見があり「あそこは、違った説明の方が良かったかな」などと思いながら、また次の準備をするのも楽しい。後は、学力が付いてくれることを望むばかりだが、ある進学データによると、東大(文一)に浪人して合格した生徒の成績を追跡調査したところ、特に理社、次いで国数で、現役時と浪人してからでは成績の伸びに差があったが、英語に限って言うと、浪人しても、現役時と比べて、一般に思われている程上がっていなかったそうだ。統計が絶対ではないし、文一に受かった中でも“特定の集団”についての数値だろうから、少し注意して受け止めるべきだろうが(それに、文一に受かる生徒は、そもそも平均的に英語が良くできるということもあろう)、1つ言えるのは、やはり英語は成績が上がるのに時間がかかるということである。

生徒と面談していると、夏休み明けの模試で、良い点を取りたいと“決意表明”する者がいるが、その意気込みは理解するが、40日そこそこで、模試で点数が上がるなら、今からシャカリキになってやらなくても、大丈夫ではないか。しかし、点数が早々に上がることなど、この仕事をしていれば、「無い」と分かっているので、もっと先(つまり、センター試験や個別の大学入試)を見据えて、焦らず地道な勉強をして欲しいと思う。

突然だが、8月から当ブログは夏休みに入る(どうしようかな、続けようか…)。とりあえず、4月半ばから今日まで毎日更新をしてきた。取りとめのない話ばかりで、このブログをきっかけとして勉強の励みになったとかいう話は一切無いし、また、その解釈違うんじゃないかという意見が寄せられることも無かったが(でも、時々寄せてもらったコメントはとても嬉しかった!)、今日で7月末を迎えた。英語教師として大先輩(そんな呼び方をするのも憚れるが)であり、私の尊敬する「道場主」が何年も毎日ブログを書き続けていることを考えると「自分はまだ甘いな」と思うが、また2学期から再開するので、このブログを読みに来てほしい。では、生徒の皆はこれから一ヵ月間、後悔のない時間を過ごしてください。生徒以外の方、暑い日が続きますが、どうぞご自愛ください。それでは、9月1日まで。Best wishes!
スポンサーサイト

Comment

道場主 says... "英数国に欠陥があると"
 確かに、文1に限らず難関大に関しては、理社科の不勉強が原因で現役合格が叶わなかったのであればよいが、英数国の学力不足が敗因だった場合は、浪人してもよほどの努力をしない限り、挽回は困難であると言えそうです。
2011.07.31 07:50 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://itthat2000.blog.fc2.com/tb.php/106-b3415496
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。