Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

問題ない、に喜んでいいのかどうか。。。

自分の時計は「自動巻き」。二年前に購入した。これは腕にはめている間はよいが、外してしまうと、二日程度で止まってしまう。しかし、外していても、竜頭(button)を手動で巻けば、動き続ける。

先日、手で巻いているとき、これまでにない感覚があったので、もしやと思いリペアショップのある銀座に行った。これまではざらざらした感覚があり、目覚まし時計のネジを巻いているような感覚があった。それが突然無くなり、スムーズ(?!)になったのである。

ショップの女性、そして、時計職人とも話したが、現状でまったく問題ないと言うので、釈然としないが、「まったく問題ない」の言葉を信じ、ショップを出ることにした。

帰りは、JR新橋を利用(行きはメトロを使い銀座で下車)。テレビでサラリーマンがインタビューを受ける機関車を初めて見た(が、それ程感動をしなかった)。銀座は中国からと見られる観光客を多く目にした。この数年で、目にする人がだいぶ変わった気がする。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。