Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

上智大学で開かれたセミナー

以下のセミナーに行ってきた。

【場 所】 上智大学 CALL D教室(2号館B2F)
【対 象】 高等学校の英語(外国語)教育をご担当の先生方
【主 催】 上智大学文学部・外国語学部・言語教育研究センター・情報システム室(総合メディアセンター)共催


クリル(→CLIL(=Content and Language Integrated Learning))という英語教育法がテーマ。最近注目を浴びているものである。

スピーカーの一人(英語学科教授)が、"試験には様々な種類のものがあるが、どれもhumanisticなものでなければならない”と述べていた。

講演後に、「では貴学の入試はhumanisiticですか」と訊ねてみたが、今一つ要領を得ない回答に思えたのは私だけだろうか。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。