Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

前A、元A、

日本語では、例えば「知事」だった人について、1つ前を“”知事、それより前の人を“”知事と絶妙な使い分けをする。が、英語ではどちらもformerでよい(もっとも、the last governorと言えば「前」知事になるだろうし、二人前の知事と言うなら、the governor before lastのように言うことも可能である)。

なお、前妻、元妻などでは、ex-(接頭辞)がよく使われる。さらには、ex だけで名詞として使われることもある。

ex = a person's former wife, husband or partner (OALD)
スポンサーサイト
Posted by y   0 comments

double down

マレーシア航空機撃墜事件で、欧米とロシアの関係が連日ニュースになっている。そこで、一度か二度、「ダブルダウン」という表現を聞き辞書で引いてみたがエントリーがなかったので放っておいた。すると、今日再び「ダブルダウン」を耳にしたのでネットでしらべたところ、次のような定義が出ていた。

double down(動詞)  〔doubles down(三人称単数現在)、doubling down(現在分詞)〕

To double or significantly increase a risk, investment, or other commitment
[良くないことを]倍増させる(増加させる)

の意味で使うらしい。

《例》 He decided to double down and escalate the war.
(彼は意を決し戦闘状態を悪化させた)
Posted by y   0 comments

「介護保険」の英訳

介護保険」を何というのか咄嗟に思いつかなかったので、後になって調べたところ、nursing care insurance、また、その仕組み全体として「介護保険制度」がthe public-care insurance systemと、プログレッシブ和英には出ていた。

東京都が作成した英語版があるので、参考になる(ところで、保険料〔所得に対する負担率〕は知っているだろうか?)。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kourei/koho/kaigo_pamph.html

この東京都のサイトでは以下の訳語を使っている。どうやら、これが公式の英訳らしい。

Long-Term Health Care Insurance

尤も、肝心なのは、その中身が説明できるかどうかである。日本語でも、説明の複雑に変わりは無く、外国人に説明するには苦労する。
Posted by y   0 comments

時間と労力 How much?

一口に“帰国子女”といっても、様々な人がいて、英語について言えば、海外経験の長短に必ずしも関係なく、英語が堪能である人もいれば、そうでない、「なんちゃって帰国子女」もいる。

上智の吉田研作教授も今で言う帰国子女の“走り”に当たる。ご本人の努力によるところが大きいに違いないが、やはり若い年齢で海外経験があれば、英語の習熟にとっての条件としては圧倒的に有利だろう。

英語が公用語ではなく、またその必要もない日本では、自分の考えを英語で流暢に表現できるようになるには、どれほどの時間と労力を要するのだろう(流暢さの基準が曖昧だが…)。
Posted by y   0 comments

教育にも「業界紙」があって

世の中には「業界紙」と呼ばれる、特定業種の“一部”の人にしか読まれない新聞がある。もちろん読まない人の方が多数だろうが。

教育では、「教育新聞」(日本教育新聞社刊)がその一例。2,500円(週2回発行)するそうだが、これは月額の購読料に違いなく、一部2,500円だとしたら…。ま、その可能性はないと思う。5月には次のような特集があった。詳しく知りたい方は、図書館などで読むことが可能だと思う。

対談 英語教育改革どう実現

吉田研作・上智大学教授
安河内哲也・東進ハイスクール講師

これまで何度も言われてきた「英語教育改革」が、ここにきて再燃しています。英語教育改革の実現にとって必要不可欠である教員の英語力の向上。どのように教員の英語力を高めていけばよいのでしょうか。また教員の英語力を高める環境をどのように整えていくべきなのでしょうか。今週は特別企画として、文部科学省の「英語教育の在り方に関する有識者会議」の座長を務める上智大学の吉田研作教授と同会議委員を務める東進ハイスクール英語講師の安河内哲也氏のお二人による「英語教育改革をどう実現させるか」をテーマとした対談をお届けします。

Posted by y   0 comments

暑中お見舞い

暑中お見舞い申し上げます

熱中症=hyperthermia(-ther-の箇所にアクセントがある)。二語でheat stroke。

人ごとではなく、土日にかけて、具合が悪くなった。家の中でも、すべての部屋にエアコンが入っている訳でもなく、部屋を移動する際の温度差が体にこたえる

数日前には、少しの時間、職場から外出して戻ってきたところ、少し頭痛がした。気のせいかと思いきや、職員の一人から、「顔が赤いですよ」と言われる始末(まだ、日が高く、お酒など入っていない)。
Posted by y   0 comments

上智大学で開かれたセミナー

以下のセミナーに行ってきた。

【場 所】 上智大学 CALL D教室(2号館B2F)
【対 象】 高等学校の英語(外国語)教育をご担当の先生方
【主 催】 上智大学文学部・外国語学部・言語教育研究センター・情報システム室(総合メディアセンター)共催


クリル(→CLIL(=Content and Language Integrated Learning))という英語教育法がテーマ。最近注目を浴びているものである。

スピーカーの一人(英語学科教授)が、"試験には様々な種類のものがあるが、どれもhumanisticなものでなければならない”と述べていた。

講演後に、「では貴学の入試はhumanisiticですか」と訊ねてみたが、今一つ要領を得ない回答に思えたのは私だけだろうか。

Posted by y   0 comments

S no sooner+過去形 than (S)+(過去形) ???

Latin American Diplomacy ― Monogamous no more

No sooner was the football over than the diplomacy began.
(サッカーが終わるやいなや、外交が始まった)


こんな一文で始まる記事が、The Economist(July 19th)に出ていた。BRICSの内の、中国の国家主席とロシアの大統領が、President Dilma Rousseff(ジルマ・ルセフ大統領)と会談したことが述べられている。

文法の規則に従えば、No sooner had the football been over than …のように過去完了にする必要がある。「サッカーが終わった」のも、「外交が始まった」のも時間的には極めて近接していることを表すために、the football had been overのよう過去完了で表現しておき、no soonerという使うことで、the diplomacy beganと時間的に差が無いことを表すのが本来の表現形式。
Posted by y   0 comments

これからも、ご贔屓に!

勉強もブログも毎日続けることが大事ということは、頭で分かっているものの…。これからも、ご贔屓(ひいき)に。

贔屓といえば、facebookにあった人の投稿で見つけた英語にplay favoritesがあったので、ここで紹介してみたい。

「えこひいき」を意味する英語でfavoritism(名詞)がある。play favorites は、その行為を表す英語で、「えこひいきをする」の意味で使われる。

have [make / play] favoritesがジーニアス英和大辞典に載せられているが、やはり定型表現として憶えておくならば、play favoritesが良い。

《例》
Be fair to everyone and don’t play favorites.
(だれにでも公平な態度で接し、えこひいきをしてはいけない)〈研究社 新英和大辞典〉




Posted by y   0 comments

「英会話教室」スタート

今日は、正課の授業ではなく、希望者対象の「英会話教室」がある。普段はティームティーチだが、この3日間はネイティブの先生にお任せ

わが社のネイティブは、学部・大学院で言語学、英語教育を専門としていて、評判が良い。英語は母語だから話せるのは当たり前としても、授業を単独でできないネイティブは珍しくないが、二人いるネイティブのどちらも、自らでレッスンプランを立てられるほどある。
Posted by y   0 comments

コンサートに行ってきた

聖子姫」のコンサートに行ってきた。2012年の再々婚後、すっかりテンションが下がっていたが(アイドルが恋愛禁止な理由がよく分かる)、今年はなんとなく楽しんでこれた。

ところで、お馴染みのコンサートで売られている団扇。これまで500円だったものが、今回600円になっていた。476円+消費税5%=500円だとしたら、555円+消費税8%=600円。79円の値上がり分は“お布施”と考えるべきか。
Posted by y   0 comments

授業のアンケート

以下が、“我が社”で行われる、生徒による授業評価の質問項目。これに、4段階で評価する。回答には、真ん中の「ふつう」という評価がなく、良い方か悪い方かに分かれるのだった思う…。

(1) 黒板の文字や図表は見やすいですか。
(2) 先生の説明は聞きとりやすいですか。
(3) 先生の指示や質問の内容はわかりやすいですか。
(4) 教材や授業の難しさはちょうどよいですか。
(5) 先生のプリントや使用教材(資料集・問題集)などはちょうどよい分量ですか。
(6) この授業を受けることで、この科目に対する興味関心が一層深まりますか。
(7) この授業をうけることで、自分の学力や技能が向上していると感じますか。
(8) あなたは家庭学習の方法がわかっていますか。
(9) 宿題、課題の分量はちょうどよいですか。
(10) 先生は熱心に教えてくれますか。
Posted by y   0 comments

ふなっしーの年収

船橋市の非公認ユルキャラ「ふなっしー」の年収は3億円らしい。すごい!
Posted by y   0 comments

ペラペラだけでは、不十分

敢えていつとは言わず、“最近”としておくが、とある英語試験の面接役を務めてきた。このところ、専ら、Hello! How’re you? のレベルで仕事をしてきていて、自ら英語が出てくるか若干心配だったが、杞憂に終わった。

言うまでも無く、試験で上位級になると、言語の熟達度もさることながら、知識、話の内容、やり取りの論理的展開に大きなウェイトが置かれる。

米国生まれで、一年ほど前に日本に帰ってきたという文字通り帰国子女の生徒の話を聞いたが、話す事柄があまりに筋の通らないものだったので、辛い評価を付けざるを得なかった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。