Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

ついに観てきた

遅ればせながら、「君の名は」を観てきた。昨夏、公開の映画だが、正月になっても上映しているだけあって、アニメとは言え(?)、アニメに興味のない自分でも十分楽しめる映画だった。

中国でも話題になって、この映画、さらにはこの作品の監督の大ファンがいるとのこと。街並みや風景の繊細な描き方など、特筆すべき出来映えに思えた。

ちなみに、"your name" と英語のタイトルもついていた。
スポンサーサイト
Posted by y   0 comments

Happy New Year

明けまして おめでとう ございます

皆様にとって、素晴しい一年になりますように!

***

多くの大学受験生は、元日など関係なく、勉強に励んでようだ。一部の予備校では、センター試験予想問題集を使って、本番さながらの練習を受験生に提供している。頑張れ、受験生!
Posted by y   1 comments

声を届ける場所は、街頭に限らず...

手元の英和辞典(ウィズダム)には、句動詞take to Aで見出しがあり、その4番目の意味として、「(ある目的で)A〈場所〉に行く」とある。時々耳にする表現でtake to the streets(街頭デモを行う)は、この4番目に該当するらしい。意外にも、近くにあるOALD、Cambridgeに両学習者辞典には、「デモを行う」の用例が出ていない。

さて、今日読んでいたScientific Americanの11月号 p. 46には、

academics clinicians, public health officials and parents who have taken to the Internet, the airways and the print media

とあり、「街頭」だけでなく「ネット、(テレビ・ラジオ等の)電波、(新聞・雑誌等の)活字に訴える」という例を目にして、なるほどと頷いた。
Posted by y   0 comments

ひとつピンと来ない

10月実施の第2回某記述模試。【必答問題】の3はIt was costume day.で始まる英文読解である。この英文が私には、今ひとつピンと来ない。設問自体は難しくないが、なぜこの話を題材にしたのかと思わずにはいられない。

「解答解説」には、AS SIMPLE AS SNOW by Gregory Gallowとあり、ネット検索をしたところ、2005年に出されたヤングアダルト向けの小説らしい。この本のあらすじを読む限り、面白そうではあるものの、試験で使われているところは、「?」といった感じである。

ところで、文中のVelveetaに注が付いていない。読解に直接影響しないからだろう。自分はアメリカで食品の買い物をした経験があったからか、たまたまチーズのメーカー名(日本で言えば、雪印や森永といった具合)であると分かったが、受験生にとっては、こういった単語でも、blocking itemであることに変わりない。
Posted by y   7 comments

やっぱり紛らわしい

KarenとCarolynは、読み様によっては、かなり似かよっている。「エァロン」と言われて、Arronと綴られるのを知って、名前の聞き取りの難しさを、再認識した。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。